野原遥の広告代理店の場所は?元ミスユニバースでグアムの事件の被害者!

野原遥の広告代理店の場所は?元ミスユニバースでグアムの事件の被害者!

9月12日よりバチェラーシリーズ待望の3作品目がAmazonプライムより解禁になりました!

 

公開する前からYoutubeやTwitterでは、今作の注目人物が何人か挙げられ、その中でも一際目立つ一人の美女がいました。

 

今回はバチェラーシーズン3の注目人物の一人でもある野原遥さんが勤務されている広告代理店の場所や、元ミスユニバースの経歴、グアムでの事件について書いて行きます。

 

スポンサーリンク

野原遥のプロフィール

 

名前:野原遥(のはら はるか)
生年月日:1990年10月21日
年齢:28歳
出身地:茨城県
身長:170cm
体重:49kg
趣味:人間分析・妄想・美女探し

 

野原さんといえばその日本人離れした道端アンジェリカさんのような『モデル体型』で、自分に対してもストイックそうな芯がしっかりしていて気が強そうなイメージがありますが、ご本人曰く『ギャップのビーナス』ということで、実は見た目ほどそんなことありませんよと紹介動画で語っておられます!

 

ただ、彼女は紹介動画を見る感じだと他の出演者の中では一番、バチェラーである友永さんを本気でGETするんだという気迫が伝わってきてますし、また、過去にはミスユニバースという46人の大人数の女性同士の争いの中での経験が活かされるのではないかとおっしゃっております。

 

野原遥が勤めている広告代理店の場所はどこ?

 

野原さんが勤めている広告代理店の場所は『株式会社Mint’zPlanning 』という東京都渋谷区にある会社です。

こちらの会社は社長を始め、働いている社員全員がイキイキしているようなので、野原さんらしいエネルギッシュな会社であることが分かります。

会社の社員である野原さんがバチェラーに出演されることで、野原さん自体も検索されるので、会社的には一種の宣伝になるかもしれませんね!

 

野原遥は元ミスユニバース和歌山代表!応募のきっかけはグアムの事件?

 

 

野原さん2016年に『ミスユニバース和歌山代表』として出場しておりますが、茨城県出身の野原さんが和歌山代表になった理由は何なんでしょうか?

当時は髪も短くいまとイメージがかなり変わりますね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Today is a final of the Miss Universe Japan 2017 competition!! 🇯🇵 I really miss the moment ❤️ good luck girls ! #missuniverse2016 #一年前 #懐かしい #一生の宝物 #みんな頑張って✨

Haruka Noharaさん(@noharu1021)がシェアした投稿 –

 

野原さんは2013年に起きた『グアムの無差別殺傷事件の被害者』で、4ヶ月のリハビリが必要なくらいの大きなケガを負ってしまい、心身ともに精神的にも大きなダメージを負ってしまったそうです。

 

【2月14日 AFP】米領グアムの繁華街で起きた無差別殺傷事件で14日、容疑者の男の車にはねられて重体となっていた邦人男性が死亡し、日本人の犠牲者は3人となった。

 

 事件は12日夜に起きた。地元の男が路上にいた6人を車ではね、そのままスーパーマーケットに突っ込んだ後、車を降りて刃物で日本人観光客ら8人を次々と刺した。事件の容疑者として13日、地元に住むチャド・ライアン・デソト(Chad Ryan Desoto)容疑者(21)が逮捕された。

 被害にあった14人はすべて日本人で、生後8か月の乳児や3歳児も含まれていた。

※引用元 https://www.afpbb.com/articles/-/2928109

 

そのときを支えてくれた当時の彼氏が関西への転職が決まったことがきっかけで野原さんも一緒についていく形で和歌山県に移住したそうです。

 

和歌山県に移住した野原さんは周囲に友人をおらずネットをする日々が続いていたようなんです。

 

そのときに『外見だけではなく、世界の平和のためのチャリティー活動を行う』というミスユニバースの募集要項に書かれていた内容が目に留まり、過去に自身が巻き込まれたグアムの無差別殺傷事件から学んだことや、感じたことを活かせるのでは?と思ったことが応募したきっかけだったようです。

 

いまの野原さんは過去の悲しき事件を乗り越えた上でバチェラーに参加されております。

 

バチェラーである友永さんの求める条件が『強い女性』ですが、普段身近では起きないような事件に直面しているからこそ苦しみや悲しみを乗り越えて強い女性なったのではないかと思います。

 

まとめ

 

野原さんはミスユニバース和歌山という素晴らしい功績を残していたが、その背景にはグアムで起きた無差別殺傷事件で自身が被害者であったことからの経験や学んだことが生きている。

 

また、人一倍つらい経験をしているからこそ、バチェラーである友永さんの求める強い女性としての軸が出来ているのではないかと思われる。

 

 

スポンサーリンク

バチェラー3カテゴリの最新記事