サンキューハザードは違反の可能性がある?本来の正しい使い方、意味は?

サンキューハザードは違反の可能性がある?本来の正しい使い方、意味は?

車を運転したことがある人なら使ったことがあるこのサンキューハザード。

ですが、このサンキューハザードは普段私達が使っているような挨拶で使うものではなく、場合によっては違法性が出る可能性があるとのことです。

今回はサンキューハザードに違法性はあるのか、本来の使い方、意味について調べました。

スポンサーリンク

サンキューハザードは違法性があるのか?

このニュース内容が書いてあった『ヤフーニュース』によると

 

道路交通法には、具体的なハザードの使用方法は記載されていません。

条文上では、ハザードについて以下の2箇所に記載されています。

「第18条第2項」
 自動車(自動二輪車及び小型特殊自動車を除く)は、法第52条第1項前段の規定により、夜間、道路(歩道又は路側帯と車道の区別のある道路においては、車道)の幅員が5.5メートル以上の道路に停車し、又は駐車しているときは、車両の保安基準に関する規定により設けられる『非常点滅表示灯』、駐車灯又は尾灯をつけなければならない。
(後略)

「第26条の3 第3項」
 通学学園バスは、小学校等の児童、生徒又は幼児の乗降のため停車しているときは、車両の保安基準に関する規定に定める『非常点滅灯』をつけなければならない。

※ ※ ※

 ハザードランプの使用方法として法律を要約すると、「夜間に道幅が5.5m以上の道路に停車・駐車している時は、非常点滅灯をつけなければならない」ということになります。

「サンキューハザード」非常時ランプいつから感謝のサインに? 本来の意図と違う行為は違反になるのか

法律上では、夜間に道幅が5.5m以上の道路に停車・駐車しているときは、非常点滅灯をつけなければならないとされる

では、サンキューハザードは違法行為になるのでしょうか。

この件について埼玉県警は次のように説明しています。

「厳密にはハザードランプは、挨拶をするものではありません。道路交通法でもそのように定められていないので、使用用途によっては違反行為になる可能性があります」

 ハザード本来の使用用途とは違うサンキューハザードですが、運転者同士のコミュニケーションとして確立されている現状では、日常的に使う人もいます。

 地域によっては受け取り方が違うこともあるといい、ハザードランプはあくまで非常点滅表示灯です。周囲に誤解を招く使用方法は避け、交通マナーの範囲で使用し、むやみに点灯させることは避けるほうが良いかもしれません。

※引用元 ヤフーニュース

こちらに記載されているように、この『サンキューハザード(ハザードランプ)』はやたらむやみに使うものではなく、普段使用されているような『ありがとう』の意味を込めた挨拶としては使うものではなさそうです。

違反行為になるとは書いてありますが、逆に譲ってもらった際は『サンキューハザード』を点滅されるのではなく、中には譲ってもらったドライバーの顔を見た上で、手を上げつつ軽く会釈するという方もいらっしゃるそうなので、後々こちらの件が問題視される機会が増えることがあればこちらの方法でもよいかもしれませんね。

そんな『サンキューハザード』ですが、これはいつからドライバー同士で使われるようになったのでしょうか?

サンキューハザードが始まったのはいつからなのか?

ドライバー同士でいつから『ありがとう』の意味でこの『サンキューハザード』が使われるようになったのかについて詳しい時期は不明ですが、一説によるとその昔、トラックのドライバー同士の1種の挨拶として広まったのが始まりとされております。

ちなみにヨーロッパでは譲ってもらった人は『サンキューハザード』を付ける代わりに、譲ったドライバーに『お返しウインカー』と称して、左右に1回ずつウインカーを点滅させて『どういたしまして!』と伝える風習がある地域では、あるそうですね。

『サンキューハザード』の本来の正しい使い方&意味は?


※引用元 http://www.jtsa.or.jp/topics/T-237.html

まずこちらの点滅灯はサンキューハザードではなく、ハザードランプと呼ばれていますが、こちらの正式名称は『非常点滅非常灯』です。

その名の通り、非常時に付けることを目的としたランプです。

それではこの『ハザードランプ』の正しい使い方ですが、主に2つほどあります。

①高速道路で渋滞し始めたときや、吹雪などの前が見えにくいとき

高速道路を使ったことがある人はご存知の方もいらっしゃる方と思いますが、高速道路は渋滞が始まると、後続車の追突を避けるために、このハザードランプを使用して知らせるという役割があるそうですね。

その他には、吹雪などの悪天候などで、前が見にくいときに後続車に危険を知らせるためにランプを点灯したりもするようです。

高速道路乗っていて見たことが無くて、イメージがわかりにくいという方はこちらにイメージ動画を貼っておきますので、こちらからご視聴ください。

1:45~その場面を確認することが出来ますので、もしも、今後この動画ように前の車が渋滞してきたときは後続車にこのように伝えていきましょう!

②車を駐車場で駐車するとき

これは普段運転している人はやっていると思いますが、『これから駐車しますよ~』という周囲のドライバーに合図を送るのが役割です。

本来の使い方としては、上記2つが多いのかなと思います。

このようにハザードランプを使用することで、まわりのクルマや、後続車に危険をいち早く知らせたり、停車なのか、駐車なのかなど、知らせたりすることが出来ます。

サンキューハザードは違反性がある?本来の使い方、意味のまとめ

・サンキューハザードは使い方次第では、違法性があり、挨拶代わりに使うのは本来の使い方ではない。

・サンキューハザードは普段は道を譲ったりしたときによく使われるものだが、本来は後続車やまわりに危険を知らせたり、自分が停車するか、駐車するのかを明確にする為にするのが本来の使い方の可能性が高いとみられる。

・このサンキューハザードはいつから使われ始めたかは不明だが、一説にはトラックの運転手同士の挨拶代わりに使われていたことが始まりと言われている。

スポンサーリンク

車関係カテゴリの最新記事