JRAの競走馬が禁止薬物接種により、出走停止!経緯を詳しく解説

NO IMAGE

出走予定だったJRAの競走馬が禁止薬物を口にしたことで、156頭もの競走馬が出走停止になったことで波紋を呼んでおります。

しかしなぜこんなことが起きたのでしょうか?

既にニュースサイトなどで取り上げられていますが、ニュース内容を読んでもよく分からない人という声が上がっていたので、今回この記事を書くことにいたしました。

JRAの競走馬が出場停止になった理由

今回出場停止になった一番の理由は競走馬が普段から口にしている飼い葉という競走馬用の食料があるのですが、それと一緒に接種している『グリーンカル』という アミノ酸、亜鉛、マグネシウム、ビタミンA・D3・E、乳糖を添加した粉末状のサプリメントから『テオブロミン』という禁止薬物として認定されている薬物が検出されたことで、出走予定だった156頭の競走馬が出場停止になりました。
※現在のロットの『グリーンカル』は回収済みとのこと


テオブロミンを競走馬が接種するデメリット

まず『テオブロミン』が混入していると何がよくないのかというと『テオブロミン』はカカオエキスの主成分であり、チョコレートやココアに含まれています。薬理作用としては、興奮作用、気管支拡張、強心作用、利尿作用などがあり、分かりやすく言うとドーピング扱いになるので公平なレースじゃなくなるので普段から競走馬には、与えないようにされています。

『グリーンカル』を販売している日本農産工業株式会社によると『グリーンカル』を製造する上で、原材料に『テオブロミン』を使用していないとコメントしており、また、普段から定期的に薬物の検査を実施しており、過去に一度も薬物は検出されてないとのことで、現在原因の解明に追われているようです。

ちなみに今回のニュースで『グリーンカル』を販売しているとして、もう一社、名前が出ているのがJRAファシリティーズ株式会社というJRAの関連会社であり、この会社はJRAの施設保守や食料提供を普段から行っていたので、『グリーンカル』を普段から購入していた競走馬の調教師たちは当然JRAの関連会社なので信用していたわけです。

本来は 、発売前に検査機関である理化学研究所においてロット単位で禁止薬物が含まれていないかがチェックされ、その検査に合格したものだけが流通するようになっています。

そこで、今回のレースで手塩に育てた自分が面倒見ている競走馬が、信用していたJRAのせいで出走停止になったわけですから調教師たちはやり場のない怒りに悩まされているわけです。

調教師を信頼して自分の馬を預けた馬のオーナーにもレースに出場できないと分かればそれを楽しみにしているオーナーにも迷惑がかかるわけですから

テオブロミンが混入したグリーンカルは海外の輸入品

今回の『テオブロミン』が混入していた『グリーンカル』は海外からの輸入品であるとのことです。

どのルートでどういう経緯で海外の『グリーカル』を購入したのかは不明ですが、海外から輸入となると日本で作っているよりも余計な材料や、添加物がたくさん混入してそうですが、今回に限って事前の検査を行わなかったのが非常に悔やまれます。

出走停止になった競走馬の影響

調教師はレースに出す際は最高のコンディションに仕上げた状態で整えるため、時間やスタミナ作りなど、競走馬ごとに変えているためかなり手間がかかっています。

そのため予定していたレースに出走できないことで、まず体調管理に影響を与える。目標レースに向けてのローテーションも改めて組み直しとなります。

 3歳未勝利馬に至っては、大袈裟ではなくその馬の一生に大きな影響を与える。JRAは今年からこれまで”スーパー未勝利”の愛称で行われていた秋季競馬の3歳未勝利競走を廃止しました。

これにより、ただでさえ勝ち上がっていない馬たちが中央所属の競走馬で居続けるチャンスは減っています。

未勝利馬にとって夏の未勝利戦はまさに生き残りを賭けての戦いであり、1回の出走機会も無駄にできない状態です。

 それゆえ、このようなトラブルで大事な出走機会を逸した影響は計り知れないとのことです。

まとめ

・今回のJRA禁止薬物で調教師が怒っていた理由は、禁止薬物『テオブロミン』にはドーピング作用があり、普段から調教師が信頼しているJRAの公認(関連)会社から購入していた、『グリーンカル』が、今回に限って事前の薬物検査がされておあらず出走停止になり、競走馬のみならず、競走馬のオーナーや調教師たちにも多大な被害が出た。

・今回『テオブロミン』が混入していた『グリーンカル』は海外産で、どのようなルートで輸入されて来たかは不明。

・出走停止になった競走馬は、また一からのコンディション調整が必要になる。

競馬カテゴリの最新記事