ストロベリームーン2019年は6月17日(月)!恋愛成就の月

NO IMAGE

今年のストロベリームーンは6月17日(月)の17時31分ごろと言われております。

2019年のストロベリームーンはいつから見れるのか

ストロベリームーンの特徴として赤みかかったピンク色をしていることから(※これはその時の月の高さによって若干色の濃さには差が出る)、恋愛成就としても有名なので、好きな人や、片思いしてる人がいる人は今回を機に一気に相手との距離を縮めるには良いイベントだと思いますので、二人で令和最初の良いイベントを作りましょう!

この月が赤く見えたり、ピンクっぽく見えるのは夕焼けと同じ原理だそうです。

ちなみに関東では池袋サンシャイン60の展望台で見ることが出来ます。

なお入場料は
大人=1,200円、学生=900円、小中学生=600円、幼児(4歳以上)=300円。

イベントの開催時間は18時~20時まで行っております。

ストロベリームーンは恋愛成就の月として有名

ストロベリームーンは先ほども少し書きましたが、恋愛成就の月として有名です。

ストロベリームーンのあの赤みを帯びたピンク色の満月の光から恋愛を成就させるための波動とパワーをいただきます。また、ストロベリームーンを当日スマホなどで写メったら、スマホの待ち受けに設定したりするとよりエネルギーを増大出来ると言われてます。

ストロベリームーンの名前の由来

これにはいろいろ諸説はありますが、名前の由来として一番有名なのは、アメリカ合衆国五大湖の西側に暮らすオジブワ族は、農耕狩猟が困難な森林地帯を生活の場とし、野生の木の実種子を採集する暮らしを送ってきたことから、その時に採集できるものをの呼び名としてきた[7]。(アルゴンキン族とする資料もある[1]。)その中の1つにストロベリームーンがある[9]。すなわち、イチゴの収穫時期に昇る月のことを指して呼んだ名称である[2][1][3][4]

ほかの国や地域では別の名称で呼ばれている[4]。例えばヨーロッパでは、ハニームーン、ミードムーン、フルローズムーンなどの呼び名がある[4]
WIKI参照↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3 )

月のおかげで実際に成就した事例をご紹介

https://twitter.com/naoyaman/status/873186008774266880

月 星空 宇宙カテゴリの最新記事