【米津玄師2020全国ツアーHYPE】チケットの入手方法・倍率は?

【米津玄師2020全国ツアーHYPE】チケットの入手方法・倍率は?


米津玄師さんが、来年2020年の年明けから全国ツアーである『HYPE』を開催することが決定いたしました。

米津さんといえばYoutbeの公式チャンネルでは、代表協曲『Lemon』や『Flaminngo』、『ピースサイン』、『LOSER』は再生回数が億越えというアーティストの中でもその人気ぶりは群を抜いております。

今回はそんな米津玄師さんの2020年の全国ツアー『HYPE』のチケットの入手方法、どのくらいの倍率なのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

【米津玄師2020HYPE】チケットの入手方法は?

現在分かっているチケットの入手方法は4つほどあります。

①9月11日にリリースされるCDの購入先行抽選

9月11日にリリースされるNEW Single『馬と鹿』に入っている『シリアルコード(シリアルナンバー)』を使用することで抽選に応募することが出来ます。

気をつけていただきたいのはこの『シリアルコード』を手に入れたとしても、必ず抽選に当選するわけではないのでそこだけ注意してください。

ちなみに去年の『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』では当選の確立を上げるために、抽選券である『シリアルコード』を少しでも多く得るためにだいたいの人が『2枚~3枚』購入されているので、今回も同様に多くの方が複数枚購入する可能性が高いです。

②オフシャルサイトの一般選考

こちらの抽選方法はCDを購入しなくても、選考に申し込むことは可能ですが、先ほどの『CD購入の先行抽選』よりは当選する難易度はあがります。

対策としては①の『CD購入者限定の先行抽選』と合わせてこちらも予約しておくと良いかもしれません。

③一般販売で、抽選でチケットを購入する

これは通常であれば一般販売であれば先着順で行われます。

上記の①の『CD購入者限定先行抽選』や、②の『オフシャルサイトからの一般選考』に比べると当選する確率は更に落ちますが、こちらも合わせてやっていきましょう!

こちらは去年の当選結果ですが、こうした結果から『一般販売』の倍率は高いです。

④定価(公式)トレードでチケットを入手する

まず始めに、『定価(公式)トレード』とはどういう意味かを説明させていただきますと

やむを得ない理由により参加ができなくなった「譲りたい方」と、チケットを「購入したい方」とを定価でトレードするシステムです。
本公演では、購入したチケットの譲渡・転売は一切禁止です。
チケットは先着販売となります。(ファミリー席はトレードの対象外となります。)
※引用元 https://ticket.kenshiyonezu.jp/mp/trade

上記のことで一つ注意しなければならないのは、譲ってもらったチケットが当日会場で転売されたチケットと判明した場合は。そのチケットは無効となってしまうので気をつけてください。

『定価トレード』のやり方は去年の『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』の時のやり方になってしまいますが、2020年の全国ツアーも同じような形でやる可能性があるので、こちらからご参考にご覧ください。

ちなみに去年の『米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃』で一番チケットの入手方法で一番高かったのは『シリアルナンバー』でチケットをGetした方が一番多いようですね!

スポンサーリンク

【米津玄師2020HYPE】の倍率はどのくらい?

まずは参考に2019年の『脊椎がオパールになる頃に』だと当選確率は『7パーセント』だったようですね。

2019年 脊椎がオパールになる頃に

これを見る限りだと『脊椎がオパールになる頃に』では当選確率も『7%』とかなり低いので、米津さんの活動が長くなるにつれてに人気も出てくるため、彼の人気が出れば出るほど、確率ももっと下がる可能性がありそうですね。

 

まとめ

現在チケット購入方法は4通りあり、過去のチケットの当選確率を見ると『7%』とかなり低いので、今回もかなりチケットの購入に関しては激化しそうな感じはありますね!

自身のYoutubeの公式チャンネルの再生回数が複数の曲で、億越えのアーティストですから今後はチケットの購入も更にプレミア化しそうですね。

スポンサーリンク

音楽カテゴリの最新記事