拡散グループと情報発信

拡散グループと情報発信

こんにちは柳生です。今日は拡散グループの使い方についてお話しします。

突然ですが拡散グループってご存知ですか?

拡散グループはTwitter DMの機能を使って30人から45人ぐらいのメンバーがいる部屋にツイートを貼ることでRTし合い、貼られたツイートを拡散していく専門のグループです。

んで拡散の依頼を受ける人たちを拡散屋、受けるサービスを拡散サービスといいます。

現在ではココナラを始め独自に請け負っている方もいます。

そして拡散サービスを受ける最大のメリットは自分のツイートがフォロワーさん以外にも見られるので自分の発信をたくさんの人に見てもらえる確率が上がります。 たまに思ったよりも効果が薄くて拡散屋さんのせいにする人がいますがそのほとんどの原因は拡散依頼をした人のツイート内容が原因です。

拡散屋さんはあくまでもツイートをリツイートして拡散させることが目的なので思ったよりも集客できなかったとしてもそれは依頼者側の責任です。なので拡散屋さんに依頼するツイートは厳選する必要があります。 普段僕が拡散屋さんにツイート依頼するときは集客に関するノウハウや、CTAツイートを依頼しております。特にCTAツイートは依頼するかしないかで集客人数に大きな差が出ます。なので僕は拡散屋さんを利用することを推奨しています。

拡散屋さんに依頼をしなくても集客ができますができるだけ集客できる人数を増やしたいと思っているのであれば使えるものは使ったほうがいいと思ってます。 ちなみに拡散サービスはお金が発生します。ただし自分で入会をすればお金は一切かかりません。ですが拡散グループによって入会できるフォロワー人数の条件なのがあるのでそこは拡散グループごとの責任者の方に聞いてみてください。

僕は拡散グループを使うようになってから集客人数が3倍になりました。よろしければ拡散サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

拡散谷さんにどのようなツイートを依頼したらいいかさらに詳しく知りたい人はいつでもメッセージを送ってください(‘ω’)ノ

では

無題カテゴリの最新記事