神田松之丞が話してた池袋にある鰻屋の場所はどこ?予約方法、値段は?

神田松之丞が話してた池袋にある鰻屋の場所はどこ?予約方法、値段は?

講談師の神田松之丞さんが7月27日(土)の夜21時から放送された『人志松本のすべらない話』で池袋にある鰻屋さんの話をされておりました。

この鰻屋さんの名物は鰻だけではなく、店主もかなりの頑固者で有名のようです。

今回はこの鰻屋さんの場所、予約方法、値段、について調べました。

神田松之丞が話してた鰻屋の特徴は?

番組で神田松之丞さんがすべらない話で池袋にある伝説の鰻屋のお話をされていましたが、そのお店の特徴はこちらです。

 

①池袋にある鰻屋さん

②店主がかなり癖のある人で予約してるのに1時間以上待たせたり、『次は土産持ってこいよ』と言ったり接客に問題がある。

③現在はその店主は退き、息子さんが2代目としてやっている。

④外観が古い

スポンサーリンク

これらの情報を元に検索したところ、『池袋 鰻』だけで最初に調べてみましたが、検索の1ページ目にかぶとという鰻屋さんを見つけました。

このお店には上記の特徴に当てはまる内容が書いてありました。

世界一のうなぎが食べれると言われている「かぶと」。店内はこじんまりしているが常に予約でいっぱい。多少癖があると言われる店主だが、それもご愛嬌。何を言われても「また食べたい!」と思わせられるうなぎ料理を堪能することができます。常連になると天然物と養殖物の食べ比べができたりもする。

 

鰻の名店と言えばここ。
何ヶ月も前から予約が必要ですが、その価値があります。先代から二代目がバトンタッチ。

気になる外見ですが、こちらを見ていただくと分かる通り、かなり古そうな外観です。

「池袋 うなぎ かぶと」の画像検索結果

※引用元 https://twitter.com/

 

その他には神田松之丞さんが今回のすべらない話の前にも漫談ネタとしても使われていたの情報がありました。

講談師の神田松之丞さんの『まくら』を聞いてここにコメントしました。

クソみそ講談でネタにされてますが、宣伝みたいなもんですね。

行って見たいです。凄く美味しそう。

神田松之丞が話してた池袋にある伝説のうなぎ屋は『かぶと』


※引用元 https://twitter.com/

 

店名:かぶと

住所: 〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目53−2

最寄り駅:池袋駅西口

営業日:月、火、水、金、土の『17:00~』と『19:45~』の2部構成のみ

休業日:木、日、祝

ジャンル:鰻(うなぎ)

 

こちらのお店は現在日本一予約の取ることが出来ない鰻屋さんとも言われており、いままでこちらに行った方の中には予約してから1年間待ち続けてようやく入る事が出来た人も中にはいたようです。

かぶとの鰻には天然物養殖の鰻があり、初めて行った場合は養殖の鰻しか提供してもらえません。

初回訪問は、天然があっても養殖のみの提供。
2回目の訪問から天然もあれば注文できる

その理由としては

鰻の色や、切った後の匂いで、天然か養殖かの違いも比較させてもらえるが、全然違う。

鰻の楽しみ方から教えてもらえるので良いお店。

と書かれております。

ただ鰻を提供するだけではなく、しっかり天然物、養殖物の違いを教えてくれるようです。

このお店にはな芸人のアンジャッシュ渡部健さんや、フォーリンデブのはっしーさんなど名だたる食通も訪れてます。

そのくらい鰻の店では名店中の名店です。

こんな立派な鰻は食べた事がないので、画像を見てるだけでもお腹が空きますね。

食欲をそそられますね。

※引用元 https://twitter.com/

※引用元 https://twitter.com/


※引用元 https://twitter.com/

※引用元 https://twitter.com/

この鰻がはみ出るほどのボリューム感最高ですね!

【池袋の鰻の名店】かぶとの予約方法は?

かぶとでは毎月偶数月の第一木曜日に、2ヶ月後までの来店分の予約を受付けてます。

こちらから予約ページに飛ぶことが出来ます。

以前は電話予約が可能だったのですが、2016年頃から予約の方法が変更され、現在は電話や、メールでの予約の依頼や問い合わせは出来ないようになっているので、注意が必要です。


※引用元 https://ameblo.jp/choppinpin/entry-12391228074.html

かぶとはそもそも予約をすること自体が困難なお店ですが、予約の段階で来店の際の規約が複数ありますので、こちらにも注意してください。

○お客様の顔を見てご注文頂いてから鰻を裂きます 

お時間は2時間半程頂きます 

○17:00からと19:45からと、それぞれの時間で一斉にご案内とスタートさせて頂きます 
お時間に遅れない様 人数様おそろいでのご来店をお願い致します 

○写真撮影は音など他のお客様にご迷惑にならない様お願いします 
また動画はご遠慮頂いております ご配慮をお願い致します 

○代理でのご予約はトラブル防止の為 お断りさせて頂きます 
ご本人様以外の方がいらっしゃった場合は 申し訳ございませんがご案内をお断りさせて頂きます 

○小学生未満のお客様のご案内は 大変申し訳ございませんが お断りさせて頂いております

※引用元 https://www.omakase-japan.jp/stores/10007

ちなみに当日ですが、かぶとでは『17:00~』の回と『19:45~』の2パターンがありますが、予約した時刻よりも先に着いたとしても、『17:00~』の回の人が退出しなければ、席の数も決まっている関係で、入店出来ないので、10分前くらいに着くように行くのがBESTですね。

【池袋の鰻の名店】かぶとの値段は?

かぶとは基本はお任せコースで、12000円くらいと言われておりますが、実際に行った方のお話ですと、お酒の結構頼んだ上で大体13000円くらいなので、お酒を飲まない方はこれよりも安い金額で最高級の鰻を堪能することが出来ます。

ただ、かぶとの食べログには予算として、15000円~になっているので、気になる方は1人20000円あれば確実に大丈夫かと。

まとめ

 

講談師の神田松之丞さんがすべらない話で話していた伝説の鰻屋さんとは、池袋西口にある『かぶと』だった。

 

このお店はその伝説の鰻屋に恥じぬ味と、技術を提供しており、日本一予約が取ることが出来ない名店中の名店であった。

 

鰻の名店カテゴリの最新記事